【カナシミ】高畑充希の演技が下手な理由3選!演技下手な最大の原因とは○○!

高畑充希

昨年からテレビをつけるとほぼ毎日見ない日がないと言っても過言でない程、人気の高畑充希さん!

2022年1月からドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」にも出演が決まっており勢いが止まりません!

そんな高畑充希さんに

「高畑充希って演技下手だよね~」
「高畑充希の演技って何かわざとらしい!」

と言った声が続出しているのをご存知でしょうか?

これだけ、お茶の間を賑わして大人気であるにも関わらずそんなことあるの?と疑問を持ってしまいますよね。

そんな高畑充希さんの演技が下手な理由について調べてみましたので、どうぞ最後までご一読下さい!

高畑充希の演技が下手との声が噴出

高畑充希の演技が下手

これだけ、幅広く芸能界で活躍をして話題沸騰中の高畑充希さんに演技が下手ではないかという声がネット上で挙がっています。

高畑充希さんにこんな声が出ていたとは知りませんでした。

私は、ドラマ「過保護のカホコ」を見たときは可愛らしい演技をする個性派の女優さんなのかなぐらいにしか感じていませんでしたが・・・・・。

それでは、実際に高畑充希さんの演技が下手な理由について見ていきましょう!

高畑充希の演技が下手な理由

高畑充希の演技が下手な理由

では、高型充希さんの演技は下手といった声はなぜ多く出てくるのでしょうか?

その理由として大きく分けて3つの理由があるようです。

理由①同じ演技をする
理由②クセが強い
理由③同じような役柄での出演が多い

それでは理由を1つずつ見ていきましょう!

高畑充希の演技が下手な理由①:演技が同じ

高畑充希 同じ演技

高畑充希さんの演技が下手な理由の1つ目としては、演技が同じと言った声が挙げられています。

どうやら設定されている役柄に合わせた雰囲気をだしたセリフの発声ができておらず、棒読みに聞こえることが演技が同じと言われる一つの原因のようです。

また、声のトーンと話す時のスピードにも緩急をつけず若さがかなり見え隠れする表現方法が続いていることもその原因になっていそうに感じとれました。

確かに役柄に合わせた演技は視聴者が描く大半のイメージと合わせる意味では見応えにつながると思います。

同時に現在のその要素を伸びしろ捉えて演技に活かせれば、幅が広がり「演技派」としてより知名度が上がりそうですね!

続いて2つ目の理由について見ていきましょう!

高畑充希の演技が下手な理由②:クセが強い

高畑充希 クセが強い

高畑充希さんの演技が下手な2つ目の理由としては、クセが強いと言った声が挙げられています。

https://twitter.com/yuki_pp_buncho/status/1080706294841921536
https://twitter.com/htk_3121/status/1058627387024232449

どうやら、高畑充希さんが演じる役柄のイメージと視聴者のイメージが想像以上にオーバーリアクションになりギャップが生じていることがクセが強いと言われている原因のようです。

確かにツイッター上でも「顔芸」と揶揄される程の立派な演技を演じています!

ただ、その顔芸って普段の生活でもできる人ってどれくらいるのでしょうか?

私は恥ずかしくて正直、できないです。

お茶の間で披露している高畑充希さんはシンプルにスゴイなと感心してしまいます!

続いて、3つ目の理由について見ていきましょう!

高畑充希の演技が下手な理由③:同じような役柄での出演が多い

高畑充希 同じ役柄が多い

高畑充希さんの演技が下手な3つ目の理由としては、同じような役柄での出演が多いことが挙げられています。

どうやら似たような演技しかできないのではないかという思い込みからその役柄が適役と決め付けられている節が感じられます。

正直、あれだけ個人としては感情面でリスクのある役柄を演じられるのは誰にでもできるものではありません。

この役は高畑充希さんしかいないと思わせる程の個人の「強味」であり個性です。

ただ、個人的には違った演技をもっと見てみたいというのが本音です!

知らない側面が見れるはず!!

高畑充希の演技に上手いとの評価も

高畑充希 演技のコメント

そんな高畑充希さんの演技に対して演出家やプロヂューサーからは上手いとのコメントも出ています。

演出の森新太郎さんのコメント

高畑充希が演じたアニー・サリヴァンは本当に素晴らしいものでした。
若々しいエネルギーに満ち、そこには世界一あきらめない不屈の少女が確かに立っていました。
これをさらに熟成させたら、今度は果たしてどんなアニー・サリヴァンに出会えるのだろうと。
どんな人生の重み、どんな煌めきを高畑充希は新たに獲得するのだろうと。
きっとまた、私の想像をはるかに超えてくることでしょう。

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000525.000028143.html

プロデューサーの鈴木亜希乃さんのコメント

主人公・雛子を演じてほしいのは誰だろうと考えたとき…正直、高畑充希さんしか思いつきませんでした!
親しみやすいかわいらしさがあって、しっかりしていそうなカッコよさもあって、まさに、“友達として隣にいてほしい”等身大の女性だからです。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/f59753daa39009b681a4c5cae62a12f7fd7454d0

高畑充希さんの良さは、プロ目線で見ると若々しさも残しながら等身大の演技をすることができる唯一無二の女優とも捉えることができる評価を得ています。

元々ミュージカルが大好きで幼い頃からその勉強と舞台「ピーターパン」で演技をしてきたこともあり舞台が正にハマリ役とも言えます。

そして、これまで難役を演じてきたからこそ、様々な役柄の感情を想像してその世界間を様々に使い分けて演じ分けができるとも捉えることができますね!

高畑充希さんの演技が下手な理由のまとめ

高畑充希の演技が下手な理由3選! 演技下手な最大の原因とは○○!はいかがだったでしょうか?

理由①同じ演技をする
理由②クセが強い
理由③同じような役柄での出演が多い

演技が下手だと思われる最大の原因はどうやら似た配役での似た演技をする機会が圧倒的に多かったことでクセが強いと捉えられてことが理由のようです。

確かに同じような役柄でドラマや映画に出てばかりいれば、誰だってその印象が強くなりますし、抜擢側もハマリ役だとい捉えてしまいます。

逆に考えれば、今はまだ若くかわいらしい演技が似合っていても年齢を重ねるにつれてその演技の幅に広がりを見せる可能性も今後は期待できますよね!

これからはも飛ぶ鳥を落とす勢いでドラマやCM、映画と活躍が期待できる高畑充希さんを一緒に応援していきましょう!

高畑充希プロフィール

高畑充希 プロフィール

名前:高畑充希(タカハタ ミツキ)
生年月日:1991年12月14日
身長:158cm
出身地:大阪府東大阪市
出身学校:法政大学 キャリアデザイン学部卒業
職業:女優・歌手

会社経営の父と母の間で一人っ子として大阪府東大阪市に生れる。

幼い頃から舞台「オペラ座の怪人」やミュージカル「レ・ミゼラブル」を好んで鑑賞して舞台や演技に興味を持つ。

女優として初デビューしたのは、名門である四天王寺中学校に在学中に『山口百恵トリビュートミュージカル プレイバック part2 〜屋上の天使』オーディションに主役の座を獲得し出演を果たす。

その名を広く世の中に広めたのは、テレビ小説『ごちそうさん』にヒロインの義妹・西門希子役で出演したことがキッカケで瞬く間に世にその名を知らしめる。

その後も、ドラマ『過保護のカホコ』『にじいろカルテ』や映画『ヲタクに恋は難しい』『キャラクター』と次々に出演。

現在もテレビ・映画・CM・舞台・声優と幅広く活動中。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。